特集ページ

銅像となった偉人 大分vs別府

vol.,01

大友宗麟

電車を降りて駅を出ると、目の前に広がる広場とともに、凜とした銅像が建っていることがよくあります。主にご当地で活躍した偉人を象った銅像が一般的です。
大分駅には戦国大名・大友宗麟(おおともそうりん)の銅像が堂々と構えられています。

九州北部を制圧した九州随一の戦国大名

豊後国を支配する大友家の第21代当主として、後継者争いの末に21歳の若さで家督を継いだ大友宗麟(当時の名は「義鎮(よししげ)」)は、自身の才覚を発揮し、優秀な家臣にも支えられ、戦国大名としての頭角を現しました。叔父である菊池家の反乱を退け肥後国を制し、また室町幕府末期とはいえ足利家との関係を築き、筑前国・豊前国の守護を命ぜられ、九州の半分を有する一大勢力になりました。

日本初の「病院」を開設

商人としてポルトガルよりマカオ経由で来日したルイス・デ・アルメイダは、母国で医師免許を取得しており、フランシスコ・ザビエルと共に日本でキリスト教の布教もおこなっていました。当時の日本では、姨捨や赤子殺し、いわゆる間引きが行われていたと言われています。食糧難や生活苦などを理由に、赤子や労働力として期待できない病人や老人などは間引きの対象となっていたようです。それを見たルイスが心を痛め、豊後府内(現在の大分県大分市)に、自らの私財を投じて乳児院を開設しました。大友宗麟はルイスに土地を提供し、総合病院(外科・内科・ハンセン氏病科)を開設しました。これが日本で初めての病院だと言われています。この病院は身分や貧富を問わず、無料で診療したそうです。

世界との貿易を見据え、キリシタン大名に

大友宗麟は海外との貿易を積極的に行うため、フランシスコ・ザビエルらの布教活動を許可しました。その結果、フィリピンをはじめとする諸外国に貿易船を派遣することに成功、博多の商人の協力もあり、一時的とはいえ明(中国)や朝鮮とも貿易を行い、富国に努めたとされています。

盛者必衰の理、その後

しかし、キリスト教の布教を許したことで家臣の離反を招き、毛利家の侵攻を防ぎつつ肥前国龍造寺家の討伐を試みるも劣勢に回り、さらに九州平定を目論む薩摩島津家の侵攻も始まったことで、大友家は徐々にその勢いを失いました。晩年は家督を譲りつつも政治・合戦に参加し、その最中でキリスト教の洗礼を受けキリシタンとなりました。

日本初の大砲・国崩し

島津家の侵攻に対し劣勢な大友家、ついに府内(現在の大分市)への侵攻を許し、攻略されます。その頃、大友宗麟は臼杵城に籠城し、領民をできるだけ城内に待避させ身を守り、落城することなく防衛に成功します。その時宗麟と領民を救ったのが、貿易によってもたらされた大砲・フランキ砲です。その絶大な威力から、国崩しと名付けられました。しかし、その頃既に大友家は滅亡寸前の状況だったそうで、ギリギリのところで豊臣軍と合流し、島津家へ侵攻を掛けます。日向国根白坂の戦いにおいて策を用いて善戦、形勢は逆転しましたが、その直後宗麟は病に倒れ、病に没しました。
秀吉の九州平定後、大友家は豊後一国を安堵されますが、秀吉が没した後の関ヶ原の戦いにて西軍(豊臣側)として従軍したため、戦いに敗れた結果、24代で「大友家」としては断絶してしまいますが、22代当主・吉統の嫡男が徳川家に預けられていたことから、子孫としては現在もその血が受け継がれているようです。

大友宗麟の人物像

文化人としての活動が活発であり、書画・茶道・能・蹴鞠などの芸に通じていたそうです。
また、書画や茶器などのコレクターであったとされ、博多商人を通じて大量に収集していたようです。
大名として、政治家としての大友宗麟の評価は高く、貿易を成功させたり、一時は九州一の戦国大名となったことなど、目覚ましい功績を残した一方で、人物として決して優れた性格であったとは言えず、暴君であったという評価もあります。幼少時代の不遇(後の家督争い)が原因で彼の人生観をつくったと言われています。宗麟は女好きであったとされており、嫡男であるにも関わらず家督を弟に継がせようとされていたことや、家臣の妻を寝取ったことで重臣(高橋鑑種)が叛旗を翻したのではとも言われていることなど、宗麟の人物像を垣間見ることができます。
閉鎖的な当時の日本においていち早く海外との貿易を考え、その結果として国を豊かにした実績もあり、盛者必衰の戦国時代の中で、名実ともに名を馳せた戦国大名の一人として列挙される、優れた人物であったことは間違いないと思います。

ゲームでの大友宗麟の評価

古くからコーエー(現コーエーテクモゲームズ)から発売されている歴史シミュレーションゲーム「信長の野望」においては、大友宗麟の能力値は他の諸大名にくらべやや高い数値が割振られており、家臣の能力も高いことから、大分県民がこのゲームをプレイする場合に大友家を選択するケースは多いようです。ただし、史実同様、毛利家・龍造寺家・島津家に囲まれた状況でのプレイとなるため、難易度は比較的高めのようです。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

特集ページ一覧へ

ページトップ