ご当地レポート

洋菓子マンダリーヌ

洋菓子マンダリーヌ

大分駅がリニューアルされ誕生した「JRおおいたシティ」。その中にある「豊後にわさき市場」に登場した洋菓子店「洋菓子Mandarine(マンダリーヌ)」。
東京のホテルで修行を積んだオーナーシェフが大分に帰郷し、1999年に1号店を南大分(平成23年大分市森に移転)で開店しました。開店当初より地産地消にこだわり、「大分の味」として地元市民にスイーツを提供しています。JR大分駅のモールに出店したことで、地元のみならず、観光客のお土産品としても注目されるようになりました。

マンダリーヌといえば「ロールケーキ」というほど、ロールケーキが人気商品です。
特長は、大分県の食材を使っていることで、大分のブランド芋「甘太くん」を使った「甘太ロールケーキ」が看板商品となっています。そのほか、大分県宇佐市産の大豆100%のきな粉を使用した「大分・下町のきな粉ロール」、大分県杵築市の杵築茶を使用した「大分・城下町の日本茶ロール」、大分・くじゅう高原で育まれた乳牛から取ったフレッシュな牛乳を使った「くじゅう高原風香る夢ロールケーキ」などがあります。

マンダリーヌのスイーツは、全国の主要百貨店などで催される九州・大分に関する物産展に、数多く出展されておりました、北は札幌から、関東・関西はもちろん、北陸や中四国地方のデパートでも出展経験があります。もしかしたら、あなたもどこかで食べたことがある?


洋菓子マンダリーヌ アミュプラザ豊後にわさき市場店
営業時間:9:30~21:00
駐 車 場:あり
アクセス:JR大分駅 JRおおいたシティ内
W e b:http://www7b.biglobe.ne.jp/~mandarine/
電  話:097-545-1217

この記事が気に入ったら いいね!しよう

ご当地レポート一覧へ

ページトップ